子供のアレルギーは美的ヌーボプレミアムで防げる?

子供のアレルギーについては、最近よく知られるようになりましたね。

 

 

 
学校給食でアナフィラキーショックを起こし、死亡したという悲しいニュースも聞いたことがあります。

 

 

 
それほど、アレルギーというのはこわいものなんです!

 

 

 
子供のアレルギーにはどんなものがあるのでしょうか?

 

 

 
調べてみると、よく知られているのは食物アレルギーです。

 

 

 
食べ物がアレルゲンとなっているもので、鶏卵、牛乳・乳製品、小麦が3大アレルゲンといわれています。

 

 

 
その他には、蕎麦やピーナッツ、えび・カニ、果物などがあります。

 

 

 
私のめいがえびアレルギーで、少しでもえびが入っているものを食べるとアナフィラキシーショックを起こすので母親である妹はとても気をつけていました。

 

 

 
また、私の孫も鶏卵アレルギーです。

 

 

 
この場合も強いアレルギーなので母親である娘は、卵が入っていないかどうか、とても気にしています。

 

 

 
以前、この孫が私もいるときに卵が入っている表示を見落とし、アナフィラキシーショックを起こしてしまったことがありました。

 

 
あっという間に異変は表われ、すぐにエピペンを使いましたが、とても危険な状態でした。

 

 

 
すぐに救急車に来てもらい、すぐに近くの病院へ入院しました。

 

 

 
次に日に、退院できましたが、この時のショックは忘れられません。

 

 

 
すごく少量のアレルゲンでもアナフィラキシーショックを起こしました。

 

 

 
命が失われるという怖さを知りました。

 

 

 
子供のアレルギーは、近くにいる大人が気をつけないといけません。

 

 

 
子供は判断できないからです。

 

 

 
保育所や幼稚園、小学校低学年では、担任の先生が給食の時に注意しなくてはなりません。

 

 

 
他の子にもきちんと説明しておくことも必要です。

 

 

 
遠足などの時にも、お菓子のもらいっこなどもしないように言っておかないといけません。

 

 

 
もらったお菓子にアレルゲンが入っていたら大変なことになります。

 

 

 
最近は食物を製造する企業もきちんとアレルゲンを表示してくれるようになりました。

 

 

 
本当に助かりますね。

 

 

 
子供のアレルギーは年とともにだんだんとよくなっていくことが多いです。

 

 
負荷試験を見ていくことが大事ですね。

 

 

 
ゴールは症状を起こさないで食べられるようになることですね。

美的ヌーボプレミアムで授かったわが子の子育てについて

女の子の育て方は、男の子の育て方よりも楽だとよく聞きます。

 

 

 
本当にそうなのでしょうか?

 

 

 
女の子は病気になりにくいとか、遊び自体も物静かで危ないことや激しいことはしないなどがその理由の主なものです。

 


でも病気にかかることは男女差はないそうです。

 

 

 
また、木登りをしたがったり走りたがったりして、体全体を使って遊びたがる活発な女の子もいます。

 

 

 
お転婆さんという感じの女の子です。

 

 

 
全体的に見たら、女の子の方が危険な遊びや激しい遊びはしないのかもしれませんが、子育てにどっちが楽だということはないように思います。

 

 

 
小さい頃は物静かで親のいうこともよく聞いていた子が、大きくなるにつれて反抗的になることもあります。

 

 

 
成人するころに行きづまってしまう子もいます。

 

 

 
人それぞれなのだと思います。

 

 

 

女の子は言葉のコミュニケーションが大好きです。

 

 

 
お母さんやお父さん、周りの人たちとのおしゃべりが大切になります。

 

 

 

 
特に小さいうちに充分に愛情を注ぎ、親子のきずなを太くしておくことが大切です。

 

 

 
お母さんは同性であるために、自分と同じなのだと思いすぎたりしないようにし、その子の独自性を大切にしてあげることです。

 

 

 
思春期になると、女の子は少しの事でも気にしたりする時期になります。

 

 

 
そんな時でも小さい時からのきずながしっかりしていれば関係が悪化するようなことにならないし、関係が良ければ、悩みをお母さんに相談したりして来ることもあると思います。

 

 

 
その時に、適切なアドバイスができたり、一緒になって考えたりすることが大切ですね。

 

 

 
また、女の子にとって、ままごとや人形遊び、ごっこ遊びは大切です。

 

 

 
友達や周りの人と生活に根付いた遊びをしているのですね。

 

 

 
漫画の「クレヨンしんちゃん」に出て来るねねちゃんもお母さんの気持ちを反映したままごと遊びをしていますよね。

 

 

 
また、女の子は男の子よりも成長が早いといわれます。

 

 

 
過干渉せず、ほめ、認めることが大切ですね。

 

 

 
また、期待しすぎず話をよく聞く、よく考えさせる、頭ごなしに叱らないなども大切です。

 

 

 
これらは男の子の育て方や大人同士の人間関係においてもとても大切なことです。

 

 

 
愛情をたっぷりかけて、よい子に育てたいですね。