帝王切開の恐怖?美的ヌーボプレミアムを飲んでいて・・・

お産には、自然分娩もあれば、帝王切開もあります。

 

 
妊娠が順調に進みいよいよ分娩だというときでも、急きょ自然分娩を帝王切開にきりかえることもあります。

 

 

 
また、双子や三つ子などの多胎の場合は最初から帝王切開が予定されることが多いようです。

 

 

 
帝王切開は子宮を切り開いて赤ちゃんを取り出す手術です。

 

 

 
自然分娩でもお産が進まなかったり、赤ちゃんの頭が出てこなかったりして、母子の状態が危険であると帝王切開になります。

 

 

 
お腹から下に麻酔を施す場合が多いようですね。

 

 

 
ですから、頭ははっきりしているんだそうです。

 

 

 
ということは、赤ちゃんの声も聞くことが出来るんですね。

 

 

 
自然分娩であっても、帝王切開であっても母子ともに元気であることが大切ですね。

 

 

 
無事に赤ちゃんが生まれ、お母さんも無事であればいうことはありません。

 

 

 
帝王切開の場合は、麻酔が切れてくると切った後が痛み出します。

 

 

 
このときは何度も看護師さんに痛み止めをもらったりしました。

 

 

 
熱も出たと思います。

 

 

 
麻酔のせいで頭が痛くなる人や吐き気がおさまらない人もいると聞きます。

 

 

 
ここが帝王切開のつらい所ですね。

 

 

 
しかも次の日から、歩いてトイレに行くのです。

 

 

 
この痛みも相当なもので、腰を曲げた感じで、つかまりながらやっとのことでトイレに行く感じです。

 

 

 
でもこの痛みも日を経るごとにやわらいで行きます。

 

 

 
帝王切開から3日以降はどんどん歩けるようになります。

 

 
でもお腹を動かすとき、例えば起き上がるときやくしゃみをするときにはつらいですね。

 

 

 
こんなことも赤ちゃんに会えた喜びで消えて行くと思います。

 

 

 
ちなみに帝王切開になったとしても、普通の分娩と費用は大差ないようです。

 

 

 
ここはありがたいですね。

 

 

 
自然分娩にしても、帝王切開にしてもかけがえのない我が子に会える喜びには勝るものはありません。

 

 

 
お母さんは、どんな苦境をも乗り越えて、お産に立ち向かうのですね!

 

 

 
そしてまさしく本当のお母さんになっていくのですね。