美的ヌーボプレミアムで授かったわが子の子育てについて

女の子の育て方は、男の子の育て方よりも楽だとよく聞きます。

 

 

 
本当にそうなのでしょうか?

 

 

 
女の子は病気になりにくいとか、遊び自体も物静かで危ないことや激しいことはしないなどがその理由の主なものです。

 


でも病気にかかることは男女差はないそうです。

 

 

 
また、木登りをしたがったり走りたがったりして、体全体を使って遊びたがる活発な女の子もいます。

 

 

 
お転婆さんという感じの女の子です。

 

 

 
全体的に見たら、女の子の方が危険な遊びや激しい遊びはしないのかもしれませんが、子育てにどっちが楽だということはないように思います。

 

 

 
小さい頃は物静かで親のいうこともよく聞いていた子が、大きくなるにつれて反抗的になることもあります。

 

 

 
成人するころに行きづまってしまう子もいます。

 

 

 
人それぞれなのだと思います。

 

 

 

女の子は言葉のコミュニケーションが大好きです。

 

 

 
お母さんやお父さん、周りの人たちとのおしゃべりが大切になります。

 

 

 

 
特に小さいうちに充分に愛情を注ぎ、親子のきずなを太くしておくことが大切です。

 

 

 
お母さんは同性であるために、自分と同じなのだと思いすぎたりしないようにし、その子の独自性を大切にしてあげることです。

 

 

 
思春期になると、女の子は少しの事でも気にしたりする時期になります。

 

 

 
そんな時でも小さい時からのきずながしっかりしていれば関係が悪化するようなことにならないし、関係が良ければ、悩みをお母さんに相談したりして来ることもあると思います。

 

 

 
その時に、適切なアドバイスができたり、一緒になって考えたりすることが大切ですね。

 

 

 
また、女の子にとって、ままごとや人形遊び、ごっこ遊びは大切です。

 

 

 
友達や周りの人と生活に根付いた遊びをしているのですね。

 

 

 
漫画の「クレヨンしんちゃん」に出て来るねねちゃんもお母さんの気持ちを反映したままごと遊びをしていますよね。

 

 

 
また、女の子は男の子よりも成長が早いといわれます。

 

 

 
過干渉せず、ほめ、認めることが大切ですね。

 

 

 
また、期待しすぎず話をよく聞く、よく考えさせる、頭ごなしに叱らないなども大切です。

 

 

 
これらは男の子の育て方や大人同士の人間関係においてもとても大切なことです。

 

 

 
愛情をたっぷりかけて、よい子に育てたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA